深山半鐘蔓(読み)みやまはんしょうづる

精選版 日本国語大辞典「深山半鐘蔓」の解説

みやま‐はんしょうづる【深山半鐘蔓】

〘名〙 キンポウゲ科のつる性落葉木本。北海道、本州中部以北の高山に生える。葉は対生して柄をもち、二回三出複葉で各葉は薄く卵形または卵状披針形で縁に粗い鋸歯(きょし)がある。夏、葉腋から長い花柄が伸び、濃赤紫色の鐘形花が下向きに咲く。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「深山半鐘蔓」の解説

深山半鐘蔓 (ミヤマハンショウズル)

学名Clematis alpina subsp.ochotensis
植物。キンポウゲ科の落葉木質つる植物,高山植物,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android