コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深成岩群 しんせいがんぐんplutonic association

岩石学辞典の解説

深成岩群

アソシエーションという語は,ある特定の時代を通じて形成された岩石群を指しており,一つの地域に一緒に産出する火成岩で,成因的に関係がありそうなもの全体を,古くからアソシエーションとよんでいる.岩石区と類似した考え方で,一つの岩石区に属する岩石は一つのアソシエーションを作ることになる[鈴木 : 1994].火山岩群に対する語で,造山運動が活動している間またはすぐ後に,造山帯に貫入したすべての地下の塊を含む岩石群をいう.これらの中には不整合的および整合的な底盤,岩株,岩床の複合体および関係する岩体などが含まれている.これに伴われるアプライトペグマタイト,ランプロフアイアなどの貫入小岩体も含まれる[Kennedy : 1938].この出現は造山帯に限られ,ケネディは造山運動に伴いシアルの再熔融により形成された花崗閃緑岩マグマから導かれたと考えた[Kennedy : 1938, 地学団体研究会 : 1996].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android