深成岩群(読み)しんせいがんぐん(英語表記)plutonic association

岩石学辞典の解説

深成岩群

アソシエーションという語は,ある特定の時代を通じて形成された岩石群を指しており,一つの地域に一緒に産出する火成岩で,成因的に関係がありそうなもの全体を,古くからアソシエーションとよんでいる.岩石区と類似した考え方で,一つの岩石区に属する岩石は一つのアソシエーションを作ることになる[鈴木 : 1994].火山岩群に対する語で,造山運動が活動している間またはすぐ後に,造山帯に貫入したすべての地下の塊を含む岩石群をいう.これらの中には不整合的および整合的な底盤,岩株,岩床の複合体および関係する岩体などが含まれている.これに伴われるアプライトペグマタイト,ランプロフアイアなどの貫入小岩体も含まれる[Kennedy : 1938].この出現は造山帯に限られ,ケネディは造山運動に伴いシアルの再熔融により形成された花崗閃緑岩マグマから導かれたと考えた[Kennedy : 1938, 地学団体研究会 : 1996].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android