コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

底盤 ていばん batholith

翻訳|batholith

6件 の用語解説(底盤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

底盤
ていばん
batholith

バソリスともいう。地表における露出面積が通常 100km2以上に及ぶ巨大な深成岩体。それ以下の小規模なものは岩株あるいはキューポラと呼んで区別するが,大きさについての正確な定義は確立していない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てい‐ばん【底盤】

花崗岩(かこうがん)などの大規模な貫入岩体で、露出面積が100平方キロメートル以上にわたり、しかも地中深くに及んでいるもの。バソリス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

底盤【ていばん】

バソリス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

岩石学辞典の解説

底盤

ジュースが提案した名称で,観察される限り明瞭な底部が分からない大きな貫入岩体で境界は急傾斜である[Suess : 1888].花崗岩体に多い.一般に小規模の岩体には使用せず,約100km2以上の面積のものを底盤と呼び,これ以下の大きさのものを岩株またはボスという.カナダのブリティッシュ・コロンビアでは2000km×80kmの大きさの底盤があるが,大きな底盤は一般に多くの部分の集まりである.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ていばん【底盤】

露出面積100平方キロメートル以上の大規模な深成岩体。花崗かこう岩質のものが多い。バソリス。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

底盤
ていばん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

底盤の関連キーワード粉末ジュース有る限り顕熱生ける限りジューススタンドフレッシュジュースコンクジュース混濁ジュース金属鉱化フードイントライト

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone