コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深水波 しんすいは

1件 の用語解説(深水波の意味・用語解説を検索)

海の事典の解説

深水波

波長に比べて、水深が十分大きいときの水面を伝わる重力波。深海波、表面波とも言う。位相波速は、gを重力の加速度、λを波長、Tを 周期として、√(gλ/2π) あるいは gT/2πで与えられる。この式は水深が波長の半分より深ければ1%以下の誤差で成り立つ。エネルギーの伝播速度・群速度は位相速度の1/2である。水粒子は円軌道 を描き、その半径は深さと共に指数関数的に減少し、運動が表面近くに限られるのが表面波とも呼ばれる理由である。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

深水波の関連キーワード陰葉長波レイリー散乱高張遜色ミー散乱トロライト凝灰岩円頂丘淡色効果浅水波

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone