コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深水波 しんすいは

海の事典の解説

深水波

波長に比べて、水深が十分大きいときの水面を伝わる重力波。深海波、表面波とも言う。位相波速は、gを重力の加速度、λを波長、Tを 周期として、√(gλ/2π) あるいは gT/2πで与えられる。この式は水深が波長の半分より深ければ1%以下の誤差で成り立つ。エネルギーの伝播速度・群速度は位相速度の1/2である。水粒子は円軌道 を描き、その半径は深さと共に指数関数的に減少し、運動が表面近くに限られるのが表面波とも呼ばれる理由である。 (永田

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について | 情報

深水波の関連キーワード重力波(水の)無限小振幅波波長

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android