コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

位相速度 いそうそくど phase velocity

6件 の用語解説(位相速度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

位相速度
いそうそくど
phase velocity

波の速度の1つ。媒質中で同じ位相にある点を結んでつくられる面,すなわち波面に垂直な方向に進む速さ。波動の群速度と区別するときによく用いられる。 x 軸の正の向きに進む正弦波は ξ=a sin (ωtkx+ε) で表わされ,位相速度 vv=ω/k=λ/T で与えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いそう‐そくど〔ヰサウ‐〕【位相速度】

正弦波が伝わるとき、その波面の進行する速度。普通にいう波の速度のこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海の事典の解説

位相速度

波動の峯あるいは谷といった特定の位相が伝播する速度。通常波の速度といえば、この位相速度を指すが、波のエネルギーは群速度で伝わる。位相速度と群速度 が等しい波を非分散性の波、一致しない波を分散性の波という。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いそうそくど【位相速度 phase velocity】

正弦波uasin2π(νtx/λ)は,正弦曲線の形の波がその形を変えずに一定の速さv=νλでx軸の正の向きに進むものである(νは振動数,λは波長)。このときx軸上の各点は単振動をしているが,点x1+⊿xでの単振動の位相は,点x1での単振動の位相と比較すると2π・⊿x/λだけ遅れていて,この時刻でのx1における位相と同じ位相に達するのは,⊿t=⊿x/(νλ)=⊿x/vだけ後の時刻である。つまりvは媒質中の各点の振動の位相が伝わっていく速さと考えることができるので,これを位相速度という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いそうそくど【位相速度】

波が媒質中を伝わるとき同じ位相の面(たとえば波の山や谷)が進む速度。普通にいう波の速度のこと。 → 群速度

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

位相速度
いそうそくど
phase velocity

波動が正弦波で表されるとき、ある位相が伝搬する速度。波面(たとえば波の山または波の谷)の位置が進行する速度といえる。正弦波uを振幅A、振動数ν、波長λとするとき

となる。ここで、tは時刻、xは位置である。これは一定速度で進む波で、この場合、位相速度v
 v=νλ
と表される。実際の波は、振動数の異なる正弦波が重なった波束であると考えられ、波束全体の移動速度は群速度で表される。[山本将史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の位相速度の言及

【波動】より


[正弦波]
 波動方程式をみたす関数u(x,t)の中でもっとも簡単でしかも重要なものは,または,の形をもつもので,これを正弦波と呼ぶ。これらの式の中に現れる定数Aを振幅,ωを角振動数,vを位相速度,Tを周期,λを波長と呼ぶ。またω=2π/T,v=λ/Tであって,ν=1/T=ω/2πを振動数または周波数という。…

※「位相速度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

位相速度の関連キーワード逆三角関数正弦波単振動被覆空間シャノンの標本化定理ラウエ関数うなり(唸り)確率場正弦波交流非正弦波交流

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone