コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深溝玉軸受 ふかみぞたまじくうけdeep groove ball bearing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

深溝玉軸受
ふかみぞたまじくうけ
deep groove ball bearing

ころがり軸受の一種で,内輪,外輪ともに肩を落していない軌道溝をもつラジアル玉軸受をいう。通常,単列で玉を入れるために軌道輪につける切欠きのないもののみをさすことがある。軌道輪の溝が深いことからこの名がある。溝が深いため,軸径方向の荷重のほか,軸方向の荷重もかなり支持できる。構造も比較的簡単で,他の形式より精度よく製作できるので,高速回転用としても使用される。あらかじめ潤滑剤を封入した封入軸受もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

深溝玉軸受の関連キーワードころがり軸受ユニットミニアチュア軸受

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android