深美秀剰(読み)ふかみ ひでのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深美秀剰 ふかみ-ひでのり

1598-1672 江戸時代前期の武士。
慶長3年生まれ。越後(えちご)村上藩堀家,下総(しもうさ)佐倉藩堀田家につかえたが,いずれも主家が除封となり,寛文元年加賀金沢藩前田綱紀(つなのり)に6000石でめしかかえられた。寛文12年死去。75歳。通称は縫殿助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android