コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深谷温泉 ふかたにおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

深谷温泉
ふかたにおんせん

石川県金沢市の北郊にある温泉。 1200年以上前に諸国行脚の僧行基が発見したといわれ,近在の人たちの保養の場として親しまれてきた。泉質は硫黄泉泉温は 13℃。神経痛痔疾などにきく。森下川支流沿いに宿が点在し,閑静な環境から保養客が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

深谷温泉
ふかたにおんせん

石川県金沢市の北郊にある温泉。天正(てんしょう)年間(1573~1592)に発見され、加賀藩主前田氏も利用したと伝える。泉質は含硫黄(いおう)泉で、とくに痔疾(じしつ)にきくといわれる。金沢駅やIRいしかわ鉄道(旧、JR北陸本線)森本(もりもと)駅からのバス便がある。[矢ヶ崎孝雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

深谷温泉の関連キーワード石川県金沢市金沢(市)

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android