混合政体(読み)こんごうせいたい(英語表記)mixed government

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

混合政体
こんごうせいたい
mixed government

君主制貴族制民主制の混合した政体。これら3種の政体はそれぞれ特有の長所と短所をもっており,お互いにそのよい点を生かしながら,権力を均衡させることによって最もすぐれた政体が樹立されることとなる。この考え方はすでにプラトンアリストテレスに見出されるが,ポリビウスはローマ共和制においてこの原理が実現されたと述べている。こうした思考の系譜は近代における J.ロック,モンテスキューなどの権力分立論に連なるものとされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こんごうせいたい【混合政体】

君主制・貴族制・民主制の、それぞれの長所を採用した政体。古代ローマの執政官・元老院・民会などの相互抑制による統治を、ポリビオスが理論的に定式化したもの。近代の権力分立論の思想的源流となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android