コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

混沌軒国丸 こんとんけん くにまる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

混沌軒国丸 こんとんけん-くにまる

1734-1790 江戸時代中期の狂歌師。
享保(きょうほう)19年8月15日生まれ。大坂の商人。芥河貞佐(あくたがわ-ていさ)にまなぶ。大坂丸派(がんぱ)の祖として門人1300名をかぞえた。寛政2年2月24日死去。57歳。姓は雄崎。名は勝房。通称は尼屋弥兵衛。別号に玉雲斎貞右(ていゆう)。狂歌集に「夷曲左右合(いきょくさゆうあわせ)」,編著に「狂歌寝さめの花」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こんとんけんくにまる【混沌軒国丸】

1734‐90(享保19‐寛政2)
江戸中期の狂歌師。本名は雄崎弥兵衛,別号は玉雲斎貞右。大坂の商人。広島の桃縁斎芥川貞佐の門人。いわゆる丸派(がんぽ)の祖で,天明年中(1781‐89)には門人1500人を擁し,永田貞柳没後の大坂狂歌界を栗柯亭木端(りつかていぼくたん)の栗派と二分した。編著は《狂歌玉雲集》《狂歌泰平楽》《狂歌撰集楽》《狂歌三部集》等。〈見苦しき形に恥じて松茸の木の葉を覆ふ松の下帯〉(《狂歌撰集楽》)。【森川 昭】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

混沌軒国丸の関連キーワード上田秋成ゲーテ平敷屋朝敏シャルダンブルボン朝ボルテール松原素元横田準松渾沌軒国丸横田準松