コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

混沌軒国丸 こんとんけん くにまる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

混沌軒国丸 こんとんけん-くにまる

1734-1790 江戸時代中期の狂歌師。
享保(きょうほう)19年8月15日生まれ。大坂の商人。芥河貞佐(あくたがわ-ていさ)にまなぶ。大坂丸派(がんぱ)の祖として門人1300名をかぞえた。寛政2年2月24日死去。57歳。姓は雄崎。名は勝房。通称は尼屋弥兵衛。別号玉雲斎貞右(ていゆう)。狂歌集に「夷曲左右合(いきょくさゆうあわせ)」,編著に「狂歌寝さめの花」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こんとんけんくにまる【混沌軒国丸】

1734‐90(享保19‐寛政2)
江戸中期の狂歌師。本名は雄崎弥兵衛,別号は玉雲斎貞右。大坂の商人。広島の桃縁斎芥川貞佐の門人。いわゆる丸派(がんぽ)の祖で,天明年中(1781‐89)には門人1500人を擁し,永田貞柳没後の大坂狂歌界を栗柯亭木端(りつかていぼくたん)の栗派と二分した。編著は《狂歌玉雲集》《狂歌泰平楽》《狂歌撰集楽》《狂歌三部集》等。〈見苦しき形に恥じて松茸の木の葉を覆ふ松の下帯〉(《狂歌撰集楽》)。【森川 昭】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

混沌軒国丸 (こんとんけんくにまる)

生年月日:1734年8月15日
江戸時代中期の狂歌師
1790年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

混沌軒国丸の関連キーワード都水園 石翁一本亭芙蓉花鉄格子波丸葉柳軒河丸都水園石翁蚯蚓庵鬼丸佐藤魚丸生年月日天明狂歌

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android