コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

混沌軒国丸 こんとんけん くにまる

2件 の用語解説(混沌軒国丸の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

混沌軒国丸 こんとんけん-くにまる

1734-1790 江戸時代中期の狂歌師。
享保(きょうほう)19年8月15日生まれ。大坂の商人。芥河貞佐(あくたがわ-ていさ)にまなぶ。大坂丸派(がんぱ)の祖として門人1300名をかぞえた。寛政2年2月24日死去。57歳。姓は雄崎。名は勝房。通称は尼屋弥兵衛。別号に玉雲斎貞右(ていゆう)。狂歌集に「夷曲左右合(いきょくさゆうあわせ)」,編著に「狂歌寝さめの花」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

こんとんけんくにまる【混沌軒国丸】

1734‐90(享保19‐寛政2)
江戸中期の狂歌師。本名は雄崎弥兵衛,別号は玉雲斎貞右。大坂の商人。広島の桃縁斎芥川貞佐の門人。いわゆる丸派(がんぽ)の祖で,天明年中(1781‐89)には門人1500人を擁し,永田貞柳没後の大坂狂歌界を栗柯亭木端(りつかていぼくたん)の栗派と二分した。編著は《狂歌玉雲集》《狂歌泰平楽》《狂歌撰集楽》《狂歌三部集》等。〈見苦しき形に恥じて松茸の木の葉を覆ふ松の下帯〉(《狂歌撰集楽》)。【森川 昭】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

混沌軒国丸の関連キーワード服部高保相生獅子寛政享保石川壺月相馬恕胤立花不白土井利庸十寸見河東(2代)松原素元

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone