コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松茸 マツタケ

2件 の用語解説(松茸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まつ‐たけ【松×茸】

キシメジ科のキノコ。秋、主にアカマツ林に生え、輪状に並んで出る。傘の表面は茶色、裏面は灰白色で、初め半球形から平らに開き、直径約10センチ。独特の芳香があり、食用キノコ中の最上のものとして珍重される。日本・朝鮮半島などに分布。 秋》「―を貰うてばかりたうべけり/梓月」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まつたけ【松茸】

担子菌類ハラタケ目のきのこ。日本の代表的な食用きのこで全国に分布。秋、主としてアカマツ林に生える。傘は表面が淡黄褐色、初め半球形をなすがのち平開する。茎は10~20センチメートル。肉は白色緻密ちみつで、独特の香りと風味が喜ばれる。 [季] 秋。 《 -や人にとらるゝ鼻の先 /去来 》

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松茸の関連情報