松茸(読み)マツタケ

  • 松×茸
  • 松茸 (マツキノコ)
  • 松茸 (マツタケ・マツダケ)

デジタル大辞泉の解説

キシメジ科のキノコ。、主にアカマツ林に生え、輪状に並んで出る。傘の表面は茶色、裏面は灰白色で、初め半球形から平らに開き、直径約10センチ。独特の香があり、食用キノコ中の最上のものとして珍重される。日本・朝鮮半島などに分布。 秋》「―を貰うてばかりたうべけり/梓月」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

植物。ベニタケ科のキノコ,園芸植物。ハツタケの別称
学名:Tricholoma matsutake
植物。キシメジ科の園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「まつだけ」とも)
① 担子菌類キシメジ科のキノコ。秋に、各地の主としてアカマツ林の地上に発生する。高さ一〇~二〇センチメートル。傘は淡褐色の鱗皮におおわれ、初め半球状だが、次第に扁平に開き径一〇~二〇センチメートルになる。裏面のひだは密で白い。柄には綿毛状のつばがあり上下ともほぼ同じ太さ。芳香と風味があり食用。《季・秋》
※拾遺(1005‐07頃か)物名・三九六「まつたけ 足びきの山下水に濡れにけり其の火まつたけ衣あぶらん〈藤原輔相〉」
② (①に形が似ているところから) 陰茎の異称。
※宇治拾遺(1221頃)一「毛の中より松茸の大きやかなる物の、ふらふらと出できて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松茸の関連情報