コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芥河貞佐 あくたがわ ていさ

2件 の用語解説(芥河貞佐の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芥河貞佐 あくたがわ-ていさ

1699-1779 江戸時代中期の狂歌師。
元禄(げんろく)12年生まれ。広島の芥河屋の養子となり,町大年寄をつとめる。漢学を伊藤東涯(とうがい)に,狂歌を永田貞柳にまなび,3代貞柳を名のる。蹴鞠(けまり),茶道などにもすぐれた。安永8年1月21日死去。81歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。本姓は丸山。名は濤賀。通称は久五兵衛。別号に桃縁斎,又生庵。編著に「狂歌千代の梯(かけはし)」など。
【格言など】死て行(しんでいく)所はをかし仏護寺の犬の小便する垣のもと(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

芥河貞佐

没年:安永8.1.21(1779.3.8)
生年:元禄12(1699)
江戸時代の狂歌作者。名は濤賀,通称は芥河屋久五兵衛。桃縁斎,又生庵などの号がある。備中笠岡(岡山県)の豪商丸山久右衛門の子として生まれ,幼名は河吉といった。のち,安芸広島の芥河屋の養子となり,7代目を継いだ。若いころ,京都に出て,伊藤東涯の古義堂で経学を学んだ。多芸,多趣味の人で,蹴鞠,茶道,香道,尺八,卜筮など,百芸に達していた。特に狂歌にすぐれ,その腕前は師の油煙斎貞柳をしのぐほどであった。晩年は隠居して,中国地方の狂歌奨励に努め,門人は1000人を超えたという。

(園田豊)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芥河貞佐の関連キーワード無銭法師算木有政柳直成釈氏定規橘貞風花江戸住紫由加里柳原竹光柳原向やはり棟梁

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone