コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗柯亭木端 りっかてい ぼくたん

3件 の用語解説(栗柯亭木端の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

栗柯亭木端

大坂一向宗某寺の住職。貞柳の高弟にして後一家を為す。浪華狂歌栗派の祖にして共門下に栗洞、義栗その他多数あり。自著の狂歌集多きが「由縁斉狂歌訓」は亡師の遺訓と共に斯道の要訳を論ぜり。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗柯亭木端 りっかてい-ぼくたん

1710-1773 江戸時代中期の狂歌師。
宝永7年生まれ。浄土真宗の僧。永田貞柳の高弟。師没後の大坂狂歌壇の実力者としておおくの門弟をかかえた。この一派は栗派(りっぱ)とよばれた。安永2年7月7日死去。64歳。編著に「狂歌真寸鏡(ますかがみ)」「狂歌訓」など。
【格言など】世の中は何のへちまと思へどもぶらりとしては暮されもせず

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

りっかていぼくたん【栗柯亭木端】

1710‐73(宝永7‐安永2)
江戸中期の狂歌師。大坂の人。浄土真宗の僧侶。永田貞柳の高弟で,師の没後遺訓を守り多くの門弟を擁して活動した。この一派を栗派(りつは)といい,混沌軒国丸の丸派(がんぱ)とならぶ一大勢力を形成した。編著《狂歌真寸(ます)鏡》《狂歌生駒山》《狂歌訓》など。〈悋気(りんき)をばするとに見えぬ顔をして外面(げめん)女房さってもおそろし〉(《狂歌真寸鏡》)。【森川 昭】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

栗柯亭木端の関連キーワード平松時方林信春横谷友信松の落葉童子訓石川義孝大久保忠胤国助(1)(4代)水木歌仙(初代)弄幻子

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone