コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗柯亭木端 りっかてい ぼくたん

3件 の用語解説(栗柯亭木端の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

栗柯亭木端

大坂一向宗某寺の住職。貞柳の高弟にして後一家を為す。浪華狂歌栗派の祖にして共門下に栗洞、義栗その他多数あり。自著の狂歌集多きが「由縁斉狂歌訓」は亡師の遺訓と共に斯道の要訳を論ぜり。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗柯亭木端 りっかてい-ぼくたん

1710-1773 江戸時代中期の狂歌師。
宝永7年生まれ。浄土真宗の僧。永田貞柳の高弟。師没後の大坂狂歌壇の実力者としておおくの門弟をかかえた。この一派は栗派(りっぱ)とよばれた。安永2年7月7日死去。64歳。編著に「狂歌真寸鏡(ますかがみ)」「狂歌訓」など。
【格言など】世の中は何のへちまと思へどもぶらりとしては暮されもせず

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

りっかていぼくたん【栗柯亭木端】

1710‐73(宝永7‐安永2)
江戸中期の狂歌師。大坂の人。浄土真宗の僧侶。永田貞柳の高弟で,師の没後遺訓を守り多くの門弟を擁して活動した。この一派を栗派(りつは)といい,混沌軒国丸の丸派(がんぱ)とならぶ一大勢力を形成した。編著《狂歌真寸(ます)鏡》《狂歌生駒山》《狂歌訓》など。〈悋気(りんき)をばするとに見えぬ顔をして外面(げめん)女房さってもおそろし〉(《狂歌真寸鏡》)。【森川 昭】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone