コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

混雑率(読み)コンザツリツ

デジタル大辞泉の解説

こんざつ‐りつ【混雑率】

《「混雑時の乗車率」の意》特に、通勤・通学列車でラッシュ時の混雑の度合い。座席吊り革が全部使用されており、扉付近に数人が立っている状態を100パーセントとする。実際の乗客数は駅員車掌推定による。→乗車率
[補説]150パーセントでは新聞を広げて楽に読めるが、250パーセントになると扉の開閉が不自由になるという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の混雑率の言及

【都市交通】より

…この場合には,施設の遊休は避けられるが,利用者は混雑を被る。現実に,大都市の鉄道ではオフ・ピーク時に車両の約半数が遊休化し,その一方でピーク時には最混雑区間の混雑率(乗車人数の定員に対する比率)が200%にも達する線区が多数ある。この激しい混雑と,通勤の遠距離化,道路の自動車公害が,都市交通,ことに日本の都市交通における非人間的な側面をなしている。…

※「混雑率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

混雑率の関連情報