コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

車掌 シャショウ

4件 の用語解説(車掌の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゃ‐しょう〔‐シヤウ〕【車掌】

電車・汽車・バスなどに乗って、旅客・荷物などの車内の事務を取り扱う者。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

車掌【しゃしょう】

列車,バスなどに乗務して旅客,荷物の取扱いと安全の確保を行う者。鉄道では列車の運転に関する業務(出発合図,後方防護など)を行うほか,乗客のみを取り扱う乗客専務もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

しゃしょう【車掌】

列車・電車・バスなどの車中で、車内の種々の事務を扱う者。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

車掌
しゃしょう

列車、バスなどに乗務して、旅客、荷物の取扱いや運転の安全に関する事務を行うための業務につく者。
 鉄道の場合、車掌の業務は、旅客列車においては快適な旅行ができるように車内の清潔、秩序維持に努め、車内補充券の発行、旅行の案内、手荷物の対応を中心とした接客をすることである。貨物・荷物列車では、積込み、中継、取卸しの監視などがある。運転の安全に関しては、ドアの開閉をはじめ、車両故障の発見や追突防止のための後方防護、事故発生またはその可能性のある場合の非常制動ならびに併発事故防止の処置などがあげられる。
 かつての日本国有鉄道では、車掌長、専務車掌、車掌、乗務掛(かかり)などに分かれていた。車掌長は、専務車掌から昇進、特急・急行列車に専務車掌と同乗し業務を分担しあい責任者としての役割を果たした。専務車掌は、おもに特急・急行列車に乗務し、旅客を取扱う客扱専務車掌と、貨物列車に乗務する荷扱専務車掌とに分けられていた。1987年(昭和62)の分割・民営化後のJR各社では、車掌の業務は営業系統に属し、主任車掌と車掌に分かれており、特急列車にはかならず主任車掌が乗車することになっている。
 バスの場合、車掌は車内での乗車券類の発売、踏切での運転の誘導、狭隘路(きょうあいろ)でのすれ違い場所へのバック誘導、起終点での方向転換誘導などを行う。
 鉄道、バスともに車掌人員は今日、人員削減傾向にある。鉄道では、普通旅客列車の短編成化やホームドアの普及、貨物列車での車掌車の省略など、バスでは、道路や折返し場所の拡幅、車体への後方監視カメラの普及などにより、それぞれワンマン化が拡大している。[松尾光芳]
『正木鞆彦著『バス車掌の時代』(1992・現代書館) ▽坂本衛著『車掌裏乗務手帳』(1998・山海堂) ▽坂本衛著『車掌真乗務手帳』(2000・山海堂) ▽日本バス協会編・刊『日本のバス事業2000年』(2000) ▽国土交通省鉄道局監修『注釈 鉄道六法』各年版(第一法規出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

車掌の関連キーワード小荷物操車場客室乗務員貨物駅乗員乗務乗務員ワンマンバス客車便

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

車掌の関連情報