コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

添数 てんすうsuffix

翻訳|suffix

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

添数
てんすう
suffix

添数とはいっても,「数」でなくてもよく,iI によって識別できるように (xi) を考えたときの i で,そのため添字ともいう。しかし,いちばんよく使うのは,nN (自然数) に対する (xn) なので,一般の場合も含めて「添数」ということが多い。 iI について xiX を対応させると考えれば,これは IX の関数として定式化できる。また,集合の添数については,fXI を考えれば,Xif-1(i) として定式化される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

てんすう【添数】

添え字 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

添数の関連キーワード添え字・添字自然数時系列添え字F収束極限関数添字Xi

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android