清僧(読み)せいそう

精選版 日本国語大辞典「清僧」の解説

せい‐そう【清僧】

〘名〙 戒律をよく守り、品行のよい肉食妻帯などの破戒をしない僧。
※御伽草子・てこぐま物語(室町時代物語大成所収)(室町末)「じゅかひ、ぢりつの、せいそうの身として」
※漂流記(1863)「行状あしければ人尊信せず、宗旨は同宗にて、清僧と妻帯僧の二派有のみ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「清僧」の解説

せい‐そう【清僧】

戒律を守り、品行の正しい僧。肉食・妻帯をしない僧。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android