コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清元清寿太夫 きよもと せいじゅだゆう

1件 の用語解説(清元清寿太夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清元清寿太夫 きよもと-せいじゅだゆう

1935- 昭和後期-平成時代の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
昭和10年10月10日生まれ。新内節太夫富士松八名太夫(やなたゆう)の子。清元若寿太夫,清元延寿太夫6代,清元栄寿郎に師事。昭和31年清寿太夫を名のり,「湖の火」で初舞台。37年立語りをつとめる。平成15年人間国宝。清元協会副会長。東京出身。本名は佐川好忠。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

清元清寿太夫の関連キーワード素浄瑠璃時代浄瑠璃浄瑠璃世界世話浄瑠璃難波浄瑠璃床浄瑠璃宇治文蝶岸沢式佐(11代)清元栄三常磐津一巴太夫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone