コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清元栄寿郎 きよもとえいじゅろう

3件 の用語解説(清元栄寿郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清元栄寿郎
きよもとえいじゅろう

[生]1904.4.21. 東京,牛込
[没]1963.3.10. 京都
清元節三味線方,作曲家。本名宮川源次。6歳より 2世清元順三郎に学び,清元三二の名で 12歳で初舞台を踏む。1922年清元界分裂に際し,師とともに梅吉派(→3世清元梅吉)に加わったが,間もなく高輪派(延寿太夫側)に戻る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清元栄寿郎 きよもと-えいじゅろう

1904-1963 昭和時代の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
明治37年4月21日生まれ。清元節。2代清元順三郎に師事。昭和12年3代清元栄次郎となり,5代・6代清元延寿太夫立三味線をつとめる。28年栄寿郎と改名。30年人間国宝。大和楽(やまとがく)の作曲と演奏にも活躍した。昭和38年3月10日死去。58歳。東京出身。本名は宮川源次。作品に「幻お七」「十三夜」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清元栄寿郎
きよもとえいじゅろう
(1904―1963)

清元三味線方。本名宮川源次。東京生まれ。6歳から清元順三郎に師事、1916年(大正5)初舞台を踏む。22年の清元流樹立にあたって師に随行し高輪(たかなわ)派(延寿派)を離れたが、ほどなく復帰し、翌年、由緒のある3世栄次郎を襲名した。以後5世延寿太夫(えんじゅだゆう)、志寿太夫(しずたゆう)の立三味線を弾き、48年(昭和23)以降は6世延寿太夫の相三味線をもっぱら受け持ち、斯界(しかい)の発展に努めた。53年に栄寿郎と改名。堅実な芸風と婉麗(えんれい)な撥(ばち)さばきに定評があり、55年には重要無形文化財保持者に認定された。また大和楽(やまとがく)では作曲・演奏の両面にわたって活躍し、東明(とうめい)流の普及にも寄与した功績は大きい。[林喜代弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の清元栄寿郎の言及

【平岡吟舟】より

…代表作に《大磯八景》《向島八景》《都鳥》《東明獅子》などがある。東明節の創始は2世稀音家浄観(きねやじようかん),2世清元寿兵衛(3世清元梅吉),大和楽(やまとがく)の清元栄寿郎などに影響を与えた。また,アメリカから帰国後,日本最初の野球チーム〈新橋アスレチック・クラブ〉をつくって日本の初期野球の基礎をつくったのをはじめ,ローラースケートの道具を持ち帰って普及に努めるなど,その多彩な活動で築いた財を一代で散じ,〈平岡大尽〉などとも呼ばれた。…

【大和楽】より

…邦楽に洋楽の発声をとり入れたもので,東明節(とうめいぶし)の影響も認められる。新邦楽の一つの典型とされ,富崎春昇(1880‐1958),宮川源司(清元栄寿郎,1904‐63),原信子(1893‐1979)らが指導者で,代表的な歌い手は岸上きみ(1898‐1962),三島儷子(1905‐88)らであった。68年2派に分裂し,三島改め大和美代葵(みよき)と大和久満(ひさみつ)(芳村伊十七,1938‐ )らの派が活躍。…

※「清元栄寿郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

清元栄寿郎の関連キーワード素浄瑠璃狂言浄瑠璃時代浄瑠璃浄瑠璃世界世話浄瑠璃難波浄瑠璃床浄瑠璃内海繁太郎高橋桜州鶴沢好糸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone