コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清原令子 きよはら よしこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清原令子 きよはら-よしこ

1927- 昭和後期-平成時代の歌人。
昭和2年10月3日生まれ。昭和24年「白珠」にはいり,安田青風・章生(あやお)父子師事,のち選者同人となる。31年「青年歌人会議」に参加。ふかい思索にもとづく叙情世界に特色がある。大阪出身。黒山高女卒。歌集に「海盈(み)たず」「月日の音」,ほかに「すとっくほるむの風」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

清原令子の関連キーワード昭和