コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清原俊蔭 キヨハラノトシカゲ

2件 の用語解説(清原俊蔭の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きよはら‐の‐としかげ【清原俊蔭】

宇津保物語登場人物。唐へ渡る途中、波斯(はし)国に漂着、仙人から七絃琴の秘曲と宝琴を授けられて帰朝。→京極上(きょうごくのうえ)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の清原俊蔭の言及

【宇津保物語】より

…初巻に見える樹の空洞に基づくもの。
[あらすじ]
 清原俊蔭は王族出の秀才で若年にして遣唐使一行に加わり渡唐の途上,波斯(はし)国に漂着,阿修羅に出会い秘曲と霊琴を授けられて帰国し,それを娘に伝授する。俊蔭の死後,家は零落,娘は藤原兼雅との間に設けた仲忠を伴って山中に入り,大樹の洞で雨露をしのぎ仲忠の孝養とそれに感じた猿の援助によって命をつなぐ。…

※「清原俊蔭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone