帰朝(読み)キチョウ

デジタル大辞泉の解説

き‐ちょう〔‐テウ〕【帰朝】

[名](スル)外国から帰ってくること。帰国。「欧州訪問から帰朝する」「帰朝報告」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きちょう【帰朝】

( 名 ) スル
外国から日本に帰ってくること。 「 -報告」 「友好使節一行が-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かえる【帰】 朝(あした)

夜、男が女の所へたずねて行って契りを結んで帰る翌朝。きぬぎぬ。後朝。
※宇津保(970‐999頃)藤原の君「明けぬとて待つ宵(よひ)よりも七夕はかへるあしたやわびしかるらん」

き‐ちょう ‥テウ【帰朝】

〘名〙
国命によって外国使者として出かけたものが帰国すること。転じて、一般的に外国からかえること。
※続日本紀‐文武四年(700)三月己未「於後随使帰朝」
明徳記(1392‐93頃か)下「彼上人入唐し給て、帰朝の時船中にして」 〔杜甫‐将暁詩〕
② 地方から都にもどること。
咄本・昨日は今日の物語(1614‐24頃)上「『いや伏見まで迎ひ舟が参たる』といへば〈略〉『やがてきてうなされよ。さらばさらば』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帰朝の関連情報