波斯(読み)ハシ

デジタル大辞泉の解説

はし【波斯】

中国におけるササン朝ペルシア呼称

ハルシャ

《〈ペルシアPersiaから》江戸時代、日本でペルシアを呼んだ名。
[補説]「」とも書いた。

ペルシア(Persia)

イラン旧称アケメネス朝を始め、セレウコス朝パルティア帝国・ササン朝の時代を経て、7世紀にアラブの支配下に入り、イスラム化した。9世紀以降、サマン朝・セルジューク‐トルコイル‐ハン国チムール帝国サファビー朝カジャール朝などが興亡し、1925年に成立したパフラビー朝国号をイランと改称。ペルシャ
[補説]「波斯」とも書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はし【波斯 Bō sī】

6世紀ころから唐代までの中国におけるササン朝ペルシアに対する音訳名。波剌斯とも書く。ササン朝はイラン南西部のファールス地方より興ったが,波斯はこのファールスの古代ペルシア語形パールスPārsに由来する。後にはササン朝のみならず広くペルシア(イラン)を指すようになった。【堀 直】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はし【波斯】

中国におけるペルシャの古称。

ハルシャ【波斯】

江戸時代、ペルシャの呼称。 〔「波斯」とも書く〕

ペルシャ【波斯】

〔ペルシアとも〕
◇ イランの旧称。イラン高原南西部の古代地方名パールサ(現在のファールス)に由来する。1935年、国号をイランと改めた。 〔「波斯」とも書く〕
[1] ネコの一品種。アフガニスタン原産。イギリスなどヨーロッパで育種改良されたもの。体毛が長く豊富で、顔は横に四角ばり、胴と四肢は太く短く、体はどっしりしている。毛色は単色から縞模様まで一〇〇色以上が公認されている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はし【波斯】

中国の六朝・隋・唐時代におけるササン朝ペルシアの呼称。のちにペルシア地方の汎称。波斯国。〔管蠡秘言(1777)〕

ハルシャ【波斯】

(Persia)
[1] 江戸時代の日本で、ペルシアの呼称。
※増補華夷通商考(1708)四「ハルシャ 百爾斉亜(ハルシャ)婆羅遮国 日本より海上五千百里。南天竺の西辺也」
[2] 〘名〙 「ハルシャがわ(波斯革)」の略。

ペルシア【波斯】

(Persia)⸨ペルシャ⸩
[一] イランの旧自称。アケメネス朝発祥の地であるペルシス地方に由来。前七世紀末、メディア王国が建国され、アケメネス朝・アレキサンダー帝国・ササン朝の時代を経て、七世紀にアラブ人に征服され、イスラム化した。九世紀に、サーマン朝が独立したが、のちにトルコ系諸王朝・イルハーン朝(イル汗国)・チムール帝国などの支配下にはいった。一六世紀の初め、サファビー朝が独立し、以後諸王朝が続いたがイギリス・ロシアによって半植民地化された。一九二五年、パフラビー(パーレビー)朝が興り、三五年、国号をイランと改めたが、七九年四月に王制を廃止し、イスラム共和国として現在に至っている。ハルシャ。〔外国事情書(1839)〕
[二] ペルシア帝国の通称。
[補注]中国の正史「梁書」には「波斯」伝があり、日本にも「波斯」の表記が伝えられた。古い漢字表記例として「宇津保‐俊蔭」等に「波斯国」が見えるが、これは「波斯」をそのまま「ハシ」と音読みしたと思われる。近世にはハルシャと呼ばれた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

波斯の関連情報