コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水六兵衛(7代) きよみず ろくべえ

1件 の用語解説(清水六兵衛(7代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水六兵衛(7代) きよみず-ろくべえ

1922-2006 昭和後期-平成時代の陶芸家,彫刻家。
大正11年5月15日生まれ。東京芸大在学中に6代清水六兵衛婿養子となり,陶芸を修業。昭和42年金属造形に転じ,清水九兵衛の名で野外彫刻などをつくる。昭和50年中原悌二郎(ていじろう)賞優秀賞,52年箱根彫刻の森美術館大賞を受賞。56年7代六兵衛をつぐ。京都市立美大(現京都市立芸大),京都造形芸術大の教授。平成12年長男に8代六兵衛の名跡を譲った。平成18年7月21日死去。84歳。愛知県出身。旧姓は塚本。本名は広。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

清水六兵衛(7代)の関連キーワードブラジル文学意匠アイスランドの要覧アイルランドの要覧アルゼンチンの要覧アルバニアの要覧イラクの要覧エストニアの要覧エチオピアの要覧オーストリアの要覧

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone