コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野外彫刻 やがいちょうこく

1件 の用語解説(野外彫刻の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

野外彫刻【やがいちょうこく】

美術館などの屋内ではなく,公園や広場などに設置される彫刻。展覧会としては,1961年宇部市が開催した現代日本彫刻展が始まり。以後,神戸市や長野市等で彫刻による街づくりが盛んになって,美術館の買上げや賞も設けられるなどして彫刻界の活性化に貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

野外彫刻の関連キーワードギメ美術館京都国立近代美術館東京都美術館美術館国立美術館箱物行政フリマ天王寺公園ポトロ広場野試合

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野外彫刻の関連情報