清水安三(読み)しみず やすぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水安三 しみず-やすぞう

1891-1988 大正-昭和時代の教育者。
明治24年6月1日生まれ。宣教師として中国にわたり,大正9年北京に崇貞学園を設立し,敗戦まで中国子女の教育にあたる。この間,アメリカのオベリン大にまなぶ。昭和21年帰国。東京町田にキリスト教主義の桜美林(おうびりん)高女を創立し,幼稚園から大学までの総合学園にそだてた。昭和63年1月17日死去。96歳。滋賀県出身。同志社大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しみずやすぞう【清水安三】

1891~1988) 宣教師・教育者。滋賀県生まれ。同志社大卒。中国で飢饉救済活動を行い、北京に崇貞学園を設立、キリスト教社会事業施設天橋愛隣館を運営。戦後帰国し桜美林高女(現、桜美林大学)を創設。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android