清水山城(読み)しみずやまじょう

日本大百科全書(ニッポニカ)「清水山城」の解説

清水山城
しみずやまじょう

戦国末期の城。長崎県対馬(つしま)(対馬市厳原町(いづはらまち)西里の清水山)にある。1591年(天正19)豊臣秀吉(とよとみひでよし)が朝鮮出兵の足場にするために築いた城。肥前名護屋(なごや)城、壱岐(いき)の勝本(かつもと)城、上対馬(かみつしま)(対馬市上対馬町)の撃方山(うちかたやま)城をつなぐ防備線の一つで、毛利高正(もうりたかまさ)によって築かれた。一の丸、二の丸、三の丸からなり、一の丸には櫓(やぐら)跡の石垣があり、空堀がよく残る。

[小和田哲男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android