コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水森ナンバ しみずもりなんば

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

清水森ナンバ[香辛料]
しみずもりなんば

東北地方、青森県の地域ブランド。
主に弘前市の清水地区で栽培される伝統野菜。初代津軽藩主・津軽為信が京都から持ち帰って広めたと伝えられ、400年以上の歴史をもつ唐辛子。ナンバとは、津軽における唐辛子の呼称。大ぶりでいかつい姿をするが、その外見とはうらはらに甘みとさわやかな風味をもつ。国内の唐辛子のなかでも糖分が多く、ビタミンAやビタミンC・ビタミンEを豊富に含んでいる。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清水森ナンバの関連情報