コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水玄道 しみず げんどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水玄道 しみず-げんどう

1887-1953 大正-昭和時代の僧,社会事業家。
明治20年3月7日生まれ。真宗大谷派。愛知県高岡村(豊田市)の浄照寺の副住職。大正7年日曜学校を創設。仏教少年団を結成し,青少年の育成につくす。人形をつかった玩具童話を考案し,昭和4年から桃太郎童話を中心に県下の小学校などを巡回公演した。昭和28年1月7日死去。65歳。愛知県出身。旧姓成瀬俗名は浜次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

清水玄道の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android