コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊田市 とよた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊田〔市〕
とよた

愛知県北部,岡崎平野の北東部と美濃三河高原上に広がる中核市。北で岐阜県,北東で長野県に接する。 1951年挙母 (ころも) 市として市制,1956年高橋村を編入,1959年トヨタ自動車工業株式会社にちなんで,豊田市と改称。 1964年上郷町,1965年高岡町,1967年猿投町,1970年松平町をそれぞれ編入。 2005年には藤岡町,小原村,足助町,下山村,町,稲武町の6町村を編入した。江戸時代には内藤氏2万石の城下町で矢作川の水運によって繁栄。明治末期には製糸業が行なわれていたが,昭和初期の養蚕不況以後は沈滞。 1937年トヨタ自動車工業が設立されて以来急速に発展,自動車を主とする輸送機械工業がほとんどを占める。組み立て工場や下請け関連企業が集中し,豊田鉄工団地と東海電子工業団地もあって,工業出荷額は愛知県で1位。 1970年には岡崎市との間に岡多線 (現愛知環状鉄道) が開通して自動車の積み出しが,1980年には名古屋市との間に名古屋鉄道豊田新線 (現豊田線) が開通して人の往来が,それぞれ盛んになった。農業は米,畜産,野菜をはじめ,果樹,観葉植物の栽培が行なわれる。矢作川には大小のダムが配置され,市内外に農・工業用水や生活用水を供給している。杉本の貞観スギ,猿投山 (629m) の球状花崗岩は国の天然記念物。一部が天竜奥三河国定公園および愛知高原国定公園に属する。東名高速道路と伊勢湾岸自動車道が市の南西部を通り,国道 153号線,155号線,248号線などが中心市街地から放射状に広がる。面積 918.32km2人口 42万2542(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

豊田市

トヨタ自動車が本社を置く「クルマの町」。地元商工会議所から市名変更の請願を受け、1959年に挙母(ころも)市から変更した。トヨタやその創業家である「豊田家」に由来する。人口は42万人で、愛知県内では名古屋市に次ぐ。働く人の4割の約10万2千人が製造業に従事している。

(2012-11-11 朝日新聞 朝刊 東海経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

とよた‐し【豊田市】

豊田

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

豊田市の関連キーワード愛知県豊田市西岡町星ケ丘愛知県豊田市藤岡飯野町愛知県豊田市西市野々町愛知県豊田市足助白山町愛知県豊田市東保見町愛知県豊田市安実京町愛知県豊田市東広瀬町愛知県豊田市東渡合町愛知県豊田市東萩平町愛知県豊田市日之出町愛知県豊田市井ノ口町愛知県豊田市上八木町愛知県豊田市中垣内町愛知県豊田市栃ノ沢町愛知県豊田市畝部西町愛知県豊田市広久手町愛知県豊田市朝日ケ丘愛知県豊田市鵜ケ瀬町愛知県豊田市東川端町愛知県豊田市東中山町

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豊田市の関連情報