コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水理兵衛 きよみず りへえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水理兵衛 きよみず-りへえ

?-? 江戸時代前期の浄瑠璃太夫(じょうるりたゆう)。
大坂の料亭の主人で,井上播磨掾(はりまのじょう)の門弟。師の没後は「今播磨」とよばれ,延宝4年(1676)新作「上東門院」を上演。弟子の五郎兵衛(のちの初代竹本義太夫)に口伝奥義(くでんおうぎ)をつたえた。姓は「しみず」とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

清水理兵衛

生年:生没年不詳
江戸前期の古浄瑠璃の太夫。姓は「しみず」とも読んだが,『外題年鑑』(1757)の振りがなに従う。大坂で活躍。本業は安居天神南の料理屋の主人で井上播磨掾の弟子。播磨掾の死後「今播磨」といわれ,すすめられて一座を組んだこともあったが続かなかった。延宝4(1676)年,理兵衛の一座の旗揚げ「上東門院」の興行は,天王寺五郎兵衛,すなわちのちの竹本義太夫(筑後掾)がワキとして初めて床に上ったことで知られる。ワキ語りが評判になり,義太夫は京の宇治加賀掾に招かれた。

(竹内道敬)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の清水理兵衛の言及

【浄瑠璃】より

井上播磨掾は大坂浄瑠璃操りの開祖といわれ,特徴は段物集《忍(しのび)四季揃》などにうかがわれる。門下に清水(きよみず)理兵衛(義太夫の師)と井上市郎太夫がある。前述の大坂二郎兵衛,大坂源太夫,道具屋吉左衛門,木屋七兵衛,表具屋又四郎,難波規明太夫,規明新太夫などを当流浄瑠璃への過渡期にみる。…

※「清水理兵衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

清水理兵衛の関連キーワード竹本義太夫(初代)竹本義太夫(1世)浄瑠璃太夫竹本筑後掾生年るり

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android