コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水美山 しみず びざん

1件 の用語解説(清水美山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水美山 しみず-びざん

1861-1931 明治-昭和時代前期の陶画工。
文久元年生まれ。金沢の人。陶画を九谷庄三(くたに-しょうざ)の門人笠間秀石にまなぶ。のち東京で薩摩(さつま)焼の盛り上げ絵付けの法を習得し,金沢で陶画業をいとなむ。明治18年陶画に朧銀(おぼろぎん)(四分一銀)をもちいて象眼模様をあらわす技法を創出した。昭和6年死去。71歳。初名は徳太郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

清水美山の関連キーワード鴻雪年小野重行金子直佐伯芳馬坂湛桜井忠胤沢田吾一西田敬止橋本実穎林喜右衛門

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone