コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清滝姫 きよたきひめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清滝姫 きよたきひめ

奈良-平安時代前期,伝承上の女性。
桓武(かんむ)天皇の皇女とつたえられる。平安遷都(せんと)の夫役をつとめた安房(あわ)(千葉県)山田村の孫三郎をみそめ,恋歌の応酬後に結ばれて山田村にすんだ。天皇は姫の守り本尊を村に安置し,七堂伽藍(がらん)を建立したという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例