コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夫役 ぶやく

8件 の用語解説(夫役の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夫役
ぶやく

賦役とも書き,「ふやく」とも読む。人夫役の意。律令制のもとでは庸 (よう) ,歳役 (さいえき) など「えだち」と称された。荘園制では領主の (つくだ) の耕作その他の土木工事年貢,貢納物の運搬などがあり,武家社会の大名のもとでも陣夫,運搬役,助郷役その他が課せられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぶ‐えき【夫役】

ぶやく(夫役)

ぶ‐やく【夫役/賦役】

《「ふやく」とも》労働で納める課役。律令制では広く人身課税をさし、調雑徭(ぞうよう)などを総称したが、中世にはしだいに守護役・陣夫・伝馬役などの労役に限定され、江戸時代には助郷役国役などがあった。ぶえき。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

夫役【ぶやく】

賦役とも書き,〈ふやく〉とも読む。律令(りつりょう)制下では(よう)・歳役(さいえき)・雑徭(ぞうよう)とも称され,人身に賦課された労働課役。荘園公領制下では年貢と並ぶ百姓負担の公事(くじ)の重要部分を占め,通例名田(みょうでん)段別ごとに賦課されたが,しだいに不定量・不定期化し,百姓は荘園領主在地領主の二重の過酷な賦課を強いられた。
→関連項目浦役水手下司雀部荘助郷本途物成役屋徭役和佐荘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

農林水産関係用語集の解説

夫役

関係農民などに義務として課せられた労働。用水の開発や維持にも当てられた労働。

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぶやく【夫役】

労働課役のことで,〈ふやく〉とも読み,〈賦役〉とも書く。
[古代]
 大化以前には氏上(うじのかみ)が氏人(うじびと)に調(財物)と役(労力)を出させた。律令制下では(よう),歳役(さいえき),雑徭(ぞうよう)などといわれ,人身に賦課された。律令政府は20~60歳までの男子を正丁(しようてい)とし,庸(10日間にわたる中央官衙(かんが)での無償労役で,布での代納が認められていた)を課し,国司の監督下に1年に60日間の公共事業に従事させることもあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぶえき【夫役】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夫役
ぶやく

平安時代以降にみられる労働役の呼称。律令(りつりょう)制下では、庸(よう)(本来は年10日の労役であったが、代納物として布二丈六尺を納める)、雑徭(ぞうよう)(国司(こくし)の徴発する労役で、正丁(せいてい)60日)、兵士役(防人(さきもり)・衛士(えじ))などの労働役があったが、律令支配が後退するなかでこれらの労役の体系は崩壊する。それにかわって国衙(こくが)や荘園(しょうえん)領主が新たな労働役の徴収制度として成立させたのが夫役である。
 中世の税といえば、年貢(ねんぐ)・公事(くじ)・夫役があげられるが、夫役は公事の一形態とすべきもので、在家(ざいけ)とよばれる家を単位に賦課されることが多い。荘園領主や地頭(じとう)などは領民を駆使して、年貢以下の徴収物を津(港)へ運送した。また地頭などの在地領主は近夫(ちかふ)・長夫(ながふ)とよばれる夫役を課した。近夫は地頭などの本拠地で勤める労働役で、3日という例が多い。長夫は地頭などが大番役(おおばんやく)などの関東の公事で在京する場合に、領地の百姓を京都に呼び夫役を勤仕させるもので、近夫に比べて長期のものとなった。なお、地頭・御家人(ごけにん)の大番役・軍役なども広義では労働役の一形態といえるであろう。
 戦国時代に入ると、戦国大名は家臣に課した軍役のほかに、農民に対しては「夫丸(ふまる)」などと称して、陣夫や普請人夫などの種々の夫役を課した。一方職人に対しては、棟別銭(むねべつせん)・段(たん)銭・人夫の諸役を免除するかわりに国役(くにやく)として彼らを動員した。また、家臣もその知行地(ちぎょうち)の農民に対して諸夫役を課し、村落共同体もその成員にさまざまな役を賦課した。
 近世は、このような戦国時代以来の労働徴発体制のうえにたって、役の体系がもっとも整備された時代である。近世の役は、国役という形で個別の領主と領民の間で結ばれた主従関係を断ち切り、領主・領民関係を、それぞれを集団として成立せしめる過程で登場した。したがって近世の身分編成とは表裏一体の関係にあった。夫役に限ってその内容をみると、幕府が各藩に対して課した土木工事などの普請役と、藩が領民に課したものがある。そのほか、街道の宿場の伝馬(てんま)役を補うため設けられた助郷(すけごう)役など、さまざまな役があったが、これらの役はすべて公儀の名のもとに課され、中世以来の村落共同体が独自にもっていた役賦課の体制を再編する形で徴収された。このような役の体系は、幕藩体制の崩壊に伴って解体され、税として徴収されることはなくなった。しかし近代国家も、公共の土木工事や戦時徴用という形で民衆に無償の労働を強いたのである。[飯沼賢司]
『永原慶二著『日本中世社会構造の研究』(1973・岩波書店) ▽島田次郎著『日本中世の領主制と村落 下』(1986・吉川弘文館) ▽歴史学研究会・日本史研究会編『講座 日本歴史 近世1』(1985・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の夫役の言及

【宋】より

…しかし南宋になると,徴税や警備の役務は都保正,大保長らが担当するようになり,免税銭は総制銭に繰り入れられ付加税の一種になった。差役のほかに,官府の治水工事や官舎の修築,官物の輸送などに臨時に徴発される夫役,雑徭があって,戸等に関係なく割り当てられた。主戸の大部分は4等戸と5等戸とであって,所によっては全戸数の7割から9割以上を占めた。…

【家数人馬改帳】より

…家数改帳,家付帳,家付人付帳,棟別帳,人畜改帳などの名がある。検地帳が土地生産力を記録するのに対して,家数人馬改帳は村内の百姓竈(かまど)ごとに受持高,家族の男女別年齢・軒数・牛馬数・屋敷地を調査し,村落構成員を把握するばかりでなく,村ごとに男女別・年齢別の集計を出すことによって夫役負担能力のあるものを書き上げさせた。すなわち役負担可能な家(役家)と役夫の台帳である。…

【市】より

…幕末の例であるが武蔵国川越城下町では問屋場の久右衛門が問屋給分のほかに,毎年7月と12月の市日に,川越の市へ集まって店を出すものから〈つり銭〉と称する店賃を取り立てて問屋給分に加えていた。市を立てる町や村に対し,夫役や年貢が課されていた。1597年(慶長2)に設立された武蔵国高麗(こま)郡高麗町(埼玉県入間郡日高町)では,市役として,この町にある代官陣屋の諸用をつとめた。…

【人掃令】より

…各地に奉行人を派遣して督励し,他国からの移住者などを厳しくチェックし,正確に家数・人数を調査する旨の誓紙を徴収している。実際に行われた調査は,毛利氏の領国の場合,家ごとに男女別の人数を数え,男の場合は年少者や高齢者などを注記することによって,実際に夫役(ぶやく)徴発に耐えうる人数を明らかにしている。また桶屋,鍛冶屋などの職人や,すでに夫役として徴発され朝鮮に渡ることになっている者を記すなど,かなり実態に即した調査であることをうかがわせる。…

【百姓】より

…彼ら百姓身分の上層には在地領主や〈大名〉の田堵百姓がおり,その領主経営,名田経営の内部に,彼らを主人とし人格的に隷属して奉仕し駆使される下人(げにん),従者,所従(しよじゆう)など非自由民が存在したが,一般荘公民である百姓は,この下人らと身分的に区別される一種の自由民であった。
【中世】
 中世の荘園体制が確立すると,荘内田畠を分割して名田が編成され,坪付(つぼつけ)と名称を定めた各名田を単位として年貢公事(くじ),夫役(ぶやく)を賦課する収取体系ができあがり,荘民百姓がそれぞれの名田の名主(みようしゆ)に補任(ぶにん)され,名主百姓が荘民を代表する呼称となった。荘園本来の名田である〈本名(ほんみよう)〉の名主百姓のほかに,平百姓,脇百姓,小百姓,間人(もうと)などと呼ばれる中下層百姓がおり,本名以外の領主直属地である間田,一色田などを耕作した。…

【本百姓】より

…日本の近世期,領主権力の基礎として掌握された百姓。17世紀前半期には年貢とともに夫役(ぶやく)を負担した役負(やくおい)百姓をさし,1660~70年代(寛文・延宝期)を境にして高請地(たかうけち)を所持する高持百姓をさすようになる。初期の検地で高請地を名請けした高請農民は,なべて年貢(生産物地代)の負担者とされるが,その中には役人,役家などと呼ばれて夫役(労働地代)を負担する役負百姓と,その負担を免れた無役のものとが含まれていた。…

【村請】より

…それを受けた村役人は,所定の年貢を村内の家ごとに小割(こわり)し,それらを村としてまとめて領主に納めた。助郷(すけごう)人馬のような夫役(ぶやく)も同様な原則で徴収された。近世の村請体制は年貢,諸役の徴収において最も端的に表現されたが,それ以外のさまざまな面においても強く働いていた。…

【村入用】より

…村入用の内容は村入用帳などと呼ばれる帳簿に記されており,村によってさまざまであるが,大きく三つに分けられる。(1)領主夫役(ぶやく)の系譜をひく諸賦課(助郷(すけごう)役を含む)。(2)年貢納入関係の費用。…

【役家】より

…領主の徴発する夫役(ぶやく)を負担する家を〈公事家(くじや)〉〈役家〉などと呼んだ事例は地域によって戦国時代にもみられるが,全国的規模で〈公儀の役〉負担の家が,役家ないし役屋として制度化されたのは,いわゆる太閤検地実施以後とみられる。戦国期から近世初期のころには,農民を陣夫役,普請役等として徴用・動員することが多く,領主にとって夫役負担能力をあらかじめ確認しておくことは重要であった。…

【屋敷】より

…しかし文禄3年(1594)〈島津分国御検地斗代書(とだいがき)〉のように〈惣国やしき 壱石代〉(上の村の中畠,中の村の上畠に相当)と定めたものもあり,所によっては上畠より上に位付けされた事例などもある。近世初期においては,検地帳に登録された屋敷は年貢(生産物地代)を賦課されるだけでなく,夫役(ぶやく)(労働地代)の賦課基準でもあった。屋敷を名請けした百姓が役人,役家,役儀之家,公事屋(くじや)などと呼ばれて夫役負担者とされ,弱小農民は田畠だけを名請けして屋敷の登録をうけず,夫役の負担をまぬがれていた。…

※「夫役」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

夫役の関連キーワード酒屋役四季帳所役読手本役無役役儀ふやか・すふや・く漸との事で

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

夫役の関連情報