コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清開(せいかい)

デジタル大辞泉プラスの解説

清開(せいかい)

栃木県、株式会社渡邊佐平商店の製造する日本酒

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

せいかい【清開】

栃木の日本酒。酒名は「飲む人の心が清々しく開く酒」という意味を込めて命名。「自然醸清開」は精米歩合65%で仕込む純米酒。ほかに純米大吟醸酒と純米大吟醸酒10年熟成古酒がある。原料米は山田錦、五百万石。仕込み水は日光連山の伏流水。蔵元の「渡邊佐平商店」は天保13年(1842)創業。純米造りにこだわり全製造量の90%が純米醸造酒。所在地は日光市今市。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

清開(せいかい)の関連キーワード日清修好条規本城 安太郎小村寿太郎建野郷三日清戦争金森宗和福本日南甲午改革陸奥宗光朴泳孝栃木県天佑俠金弘集杉村濬

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android