コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清阪峠 きよさかとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清阪峠
きよさかとうげ

京都府亀岡市と大阪府茨木市の境にある峠。標高 284m。両市を結ぶ清阪街道が通じ,亀岡盆地と大阪とを結ぶ最短路をなしている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清阪峠
きよさかとうげ

大阪府茨木(いばらき)市と京都府亀岡(かめおか)市の境界にある清阪街道(亀岡街道から分岐)の峠。標高284メートル。大阪地方と亀岡を経て日本海側を結ぶ最短コースであるが、重量の運搬に適さず、1892年(明治25)、佐保川沿いに余野(よの)に出て能勢(のせ)街道に合する新亀岡街道が設けられた。沿道の千提寺(せんだいじ)は隠れキリシタンの里で知られる。[前田 昇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

清阪峠の関連キーワード隠れキリシタン京都府亀岡市前田

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android