亀岡(読み)カメオカ

  • かめおか ‥をか
  • かめおか〔かめをか〕

大辞林 第三版の解説

京都府中部、亀岡盆地南部の市。丹波地方の木材集散地として発達。丹波一の宮の出雲神社の所在地。明智光秀の築城になる亀山城跡には、大本おおもと教本部天恩郷がある。住宅地化が進む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[一] 仙人の住むといわれる蓬莱(ほうらい)山の異名。大亀に背負われているという。
※平松家本平家(13C前)一「君を始て見る時は千代も経ぬべし姫小松、御前の池なる亀岡に鶴こそ群れ居て遊びぬれ」
[二] (古くは亀山) 京都府中西部亀岡盆地南部の地名。天正年間(一五七三‐九二)明智光秀が亀山城を築城。江戸時代は松平氏五万石の城下町。京都に接する交通の要地。昭和三〇年(一九五五)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

亀岡の関連情報