コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀岡盆地 かめおかぼんち

5件 の用語解説(亀岡盆地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亀岡盆地
かめおかぼんち

京都府中部,丹波山地の南部にある盆地。東縁はほぼ南北に通る断層による直線状の急斜面で,典型的な断層角盆地 (→断層盆地 ) 。南北約 10km,東西約 3.5km。山麓には扇状地が発達し,盆地床には大堰川が貫流,沖積平野を形成し水田が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かめおか‐ぼんち〔かめをか‐〕【亀岡盆地】

京都府中西部、丹波高地南部に広がる構造盆地。南北約10キロメートル、東西約3.5キロメートルとほぼ南北にのびる。旧丹波国の中心地で、条里制の名残がある。水田地帯だが、野菜の栽培も盛ん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かめおかぼんち【亀岡盆地】

京都府中西部,亀岡市と船井郡八木町にまたがる南北約10km,東西約3.5kmの盆地。大堰(おおい)川流域の北西~南東方向に長い構造盆地で,北東の断層崖下には三俣川,七谷川などの複合扇状地が形成され,南西部からは山内川,犬飼川,曾我谷川が,南東部には年谷川,西川,鵜川などが流入している。盆地内の地形は大堰川本・支流の沖積低地とその周辺の低位段丘,南部の高位段丘に大別される。沖積低地はほぼ標高100m以下の部分であり,大堰川下流の保津峡の排水が良好でないためにしばしば水害を被った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕亀岡盆地(かめおかぼんち)


京都府中部の盆地。丹波(たんば)高地南部に囲まれ、大堰(おおい)川流域の南丹(なんたん)市南部から亀岡市北部を占める。南北約13km、東西約5km。複合扇状地と氾濫原(はんらんげん)からなる構造性の盆地で、周囲を標高500~700m級の山地が囲む。稲作のほか、野菜栽培が盛ん。京都市の通勤圏内にあり、近年は宅地化が進む。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亀岡盆地
かめおかぼんち

京都府南部、丹波(たんば)高地南部に位置する構造盆地。南北約10キロメートル、東西約3.5キロメートルで南北に細長く、東縁は西北から東南にかけての急斜面の断層崖(がい)によって画されているが、西縁は起伏の少ない山地と浅く開析された谷がみられ、不規則な山麓(さんろく)線をなしている。盆地床は断層崖下に発達する複合小扇状地と大堰(おおい)川の氾濫原(はんらんげん)からなる。条里制の遺構が示すように、大堰川からの灌漑(かんがい)によって古くから開発され、水田がよく発達しているが、近年は京都市に供給する野菜栽培も盛んである。盆地の南部には亀岡市、北部には南丹(なんたん)市八木町(やぎちょう)地区の中心集落が位置する。京都市への通勤者の宅地化が増加している。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の亀岡盆地の言及

【大堰川】より

…源流は京都市左京区花背(はなせ)地区で,弓削川,細野川,園部川,犬飼川などの支流を有する。上中流には周山盆地,宇津峡,園部盆地,琉璃渓(名)があるが,下流の亀岡盆地は流域最大の沖積平野で,約2000haの水田が開ける。しかし保津峡が狭いため大量の水が流れず,盆地底は逆流によるはんらん,浸水を受けやすい。…

【丹波高地】より

…丹波山地,丹波高原ともよぶ。中国山地の東の延長部にあたり,京都府北部から兵庫県東部にまたがる高原状の山地。北は福知山盆地で丹後山地と接し,南は京都盆地および淀川低地帯で限られる。東は安曇(あど)川に沿って南北に走る花折(はなおれ)断層によって比良山地と画され,西は加古川をはさんで中国山地につづく。地質は大部分が古生層と中生層で,一部に中生代から新生代の花コウ岩が貫入している。第三紀中新世末から鮮新世初めにかけて準平原化した土地が,鮮新世末以後の隆起運動によって今日の山地となったもので,東に向けて,北東~南西の構造線に沿ってつき上げ,東高西低の傾動を示している。…

※「亀岡盆地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

亀岡盆地の関連キーワード京都府船井郡京丹波町大朴京都府船井郡京丹波町角京都府船井郡京丹波町下山京都府船井郡京丹波町曽根京都府船井郡京丹波町豊田京都府船井郡京丹波町中京都府船井郡京丹波町東又京都府船井郡京都府船井郡京丹波町森八木〈町〉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone