コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清風与平(2代) せいふう よへい

1件 の用語解説(清風与平(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清風与平(2代) せいふう-よへい

1845-1878 幕末-明治時代の陶工。
弘化2年生まれ。初代清風与平の子。家業をついで各種磁器を制作,染め付けの名手といわれた。あらたに白磁浮文の諸器をつくる。明治6年京都府勧業御用掛(がかり)となる。明治11年死去。34歳。号は五渓。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

清風与平(2代)の関連キーワード青木栄五郎嘉助加藤景久耕山(初代)壺中天帯山与兵衛(8代)高橋道八(4代)中尾米吉松崎仙石山口縫造