コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渉禽 しょうきん

大辞林 第三版の解説

しょうきん【渉禽】

くちばし・首・脚が長く、浅い水中を歩いて餌を求める鳥。ツル・シギ・チドリ・サギなどをいう。渉禽類。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

渉禽の関連キーワードカラフトアオアシシギオオソリハシシギヘラサギ(篦鷺)チュウシャクシギアマミヤマシギダイシャクシギキョウジョシギアオアシシギチュウジシギコシャクシギシュモクドリオオハシシギフラミンゴ目ホウロクシギアカアシシギコウノトリ目ソリハシシギオオジシギシロチドリキアシシギ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android