コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渋沢孝輔 しぶさわ たかすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渋沢孝輔 しぶさわ-たかすけ

1930-1998 昭和後期-平成時代の詩人,フランス文学者。
昭和5年10月22日生まれ。44年明大教授。ランボー研究と,硬質なイメージの詩で知られる。49年「われアルカディアにもあり」で藤村記念歴程賞,54年「廻廊」で高見順賞,55年評論「蒲原有明論」で亀井勝一郎賞,平成4年「啼鳥四季」で読売文学賞芸術選奨,9年「行き方知れず抄」で萩原朔太郎賞。平成10年2月8日死去。67歳。長野県出身。東京外大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しぶさわたかすけ【渋沢孝輔】

1930~1998) 詩人。長野県生まれ。東京外語大卒。ランボーやボードレール研究で培われた硬質な抒情性で知られ、東洋的な世界へも関心を示す。著「われアルカディアにもあり」「廻廊」「啼鳥四季」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

渋沢孝輔の関連キーワードサン・ジョン・ペルスバシュラールリシャール渋沢 孝輔地獄の季節有明集抒情性詩人

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android