コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

減圧反射 げんあつはんしゃ depressor reflex

1件 の用語解説(減圧反射の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

げんあつはんしゃ【減圧反射 depressor reflex】

神経あるいは受容器の刺激によって,自動的に心・血管運動中枢を介して身体の広範な血管床,とくに内臓(腎臓,脾臓等)の細動脈が拡張し,動脈血圧が下降する反射現象。この反射は,古く1866年,ツィオンI.F.TsionとルートウィヒC.Ludwigが大動脈神経を刺激したさい心拍数の減少と低血圧が発生したことから知られ,そのため大動脈神経を別名減圧神経ともいう。同様の反射は頸動脈洞神経の電気刺激によっても起こる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

減圧反射の関連キーワード化学受容受容器般化外発的動機づけ感覚細胞PNFヴルピアン効果感覚投射の法則関連痛の法則期外収縮 (premature beat, premature contraction)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone