コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

減圧反射 げんあつはんしゃdepressor reflex

世界大百科事典 第2版の解説

げんあつはんしゃ【減圧反射 depressor reflex】

神経あるいは受容器の刺激によって,自動的に心・血管運動中枢を介して身体の広範な血管床,とくに内臓(腎臓,脾臓等)の細動脈が拡張し,動脈血圧が下降する反射現象。この反射は,古く1866年,ツィオンI.F.TsionとルートウィヒC.Ludwigが大動脈神経を刺激したさい心拍数の減少と低血圧が発生したことから知られ,そのため大動脈神経を別名減圧神経ともいう。同様の反射は頸動脈洞神経の電気刺激によっても起こる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android