渡状(読み)わたしじょう

  • わたしじょう ‥ジャウ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 鎌倉時代後期から室町時代にかけての武家文書。将軍の命のもとに守護がつかわす遵行使が正当な知行人に交付する文書。打渡し状。
※三浦和田文書‐元徳二年(1330)五月二〇日・色部長倫打渡状「守和田彦四郎茂実所帯御外題状、相共河村彌三郎秀義、沙汰付茂実候了。仍渡状如件」
② 中世、土地その他の財物が、売却・質流れなどで移動するときに、その旨を明記して新所有者に渡す証文。渡し文。
※親元日記‐政所賦銘引付・文明一〇年(1478)一〇月二二日「任借書并渡状之旨御成敗云々」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の渡状の言及

【打渡状】より

…渡状ともいう。南北朝時代,室町時代の武家文書の一つ。…

※「渡状」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android