コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺内蔵太 わたなべ くらた

2件 の用語解説(渡辺内蔵太の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺内蔵太 わたなべ-くらた

1836-1865* 幕末の武士。
天保(てんぽう)7年2月3日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。藩主毛利敬親(たかちか),世子元徳(もとのり)の小姓。藩論を尊王攘夷(じょうい)にまとめるのに尽力したが,禁門の変後,恭順派に捕らえられ,元治(げんじ)元年12月19日処刑された。29歳。名は遜,暢。通称ははじめ久之助,広輔。号は介亭。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

渡辺内蔵太

没年:元治1.12.19(1865.1.16)
生年:天保7.2.3(1836.3.19)
幕末の長州(萩)藩士。尊攘運動を担い,文久2(1862)年高杉晋作らと英国公使館焼打ちに参加。のち藩の要路にあったが,第1次長州征討下に誕生した佐幕派の藩庁により,前田孫右衛門ら6名の政務員と共に処刑された。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

渡辺内蔵太の関連キーワード郡内騒動天保の飢饉ニコライ森次左衛門渡辺政香薩埵徳軒化政文化テキサス併合浜田藩坂本竜馬

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone