渡辺内蔵太(読み)わたなべ くらた

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「渡辺内蔵太」の解説

渡辺内蔵太 わたなべ-くらた

1836-1865* 幕末武士
天保(てんぽう)7年2月3日生まれ。長門(ながと)(山口県)(はぎ)藩士。藩主毛利敬親(たかちか),世子元徳(もとのり)の小姓。藩論尊王攘夷(じょうい)にまとめるのに尽力したが,禁門の変後,恭順派に捕らえられ,元治(げんじ)元年12月19日処刑された。29歳。名は,暢。通称ははじめ久之助,広輔。号は介亭。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典「渡辺内蔵太」の解説

渡辺内蔵太

没年:元治1.12.19(1865.1.16)
生年:天保7.2.3(1836.3.19)
幕末の長州(萩)藩士。尊攘運動を担い,文久2(1862)年高杉晋作らと英国公使館焼打ちに参加。のち藩の要路にあったが,第1次長州征討下に誕生した佐幕派藩庁により,前田孫右衛門ら6名の政務員と共に処刑された。

(井上勲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典「渡辺内蔵太」の解説

渡辺内蔵太 (わたなべくらた)

生年月日:1836年2月3日
江戸時代末期の長州(萩)藩士
1865年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android