コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊王攘夷 ソンノウジョウイ

4件 の用語解説(尊王攘夷の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そんのう‐じょうい〔ソンワウジヤウイ〕【尊王××夷】

中国で、の王室を尊敬し、異民族の中国侵犯を打ち払ったこと。
(「尊皇攘夷」とも書く)日本で江戸末期、尊王論攘夷論とが結びついた政治思想朱子学の系統を引く水戸学などに現れ、下級武士を中心に全国に広まり、王政復古・倒幕思想に結びついていった。勤王攘夷。尊攘。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

防府市歴史用語集の解説

尊王攘夷

天皇を尊び政治の中心とする尊王[そんのう]と、外国を追い払う攘夷[じょうい]とが結びついた思想です。開国に対する不安や不満が増えるにつれて幕府に反対する運動に発展し、建物を焼いたり外国の人や反対派を襲うといった過激な行動をとる人々が現れました。

出典|ほうふWeb歴史館
防府市歴史用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

そんのうじょうい【尊王攘夷】

天皇を尊崇し夷狄いてきを排斥しようとする思想。もともと別個の思想であったが、幕末期、幕藩体制の矛盾と諸外国の圧迫による危機感の中で両者は結びつき、次第に討幕運動へと展開、王政復古に至る幕末政治運動の指導的役割をになった。勤王攘夷。尊攘。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の尊王攘夷の言及

【弘道館記述義】より

…2巻。水戸藩の藩校弘道館(1841開館)の建学の趣旨を示した徳川斉昭撰の《弘道館記》(1838成稿)に,その草稿の作成者であった東湖が,命をうけて逐語的に注釈を加えたもので,敬神崇儒,尊王攘夷,忠孝無二,文武不岐,学問・事業の一致という後期水戸学の主要思想が集約的に提示されている。会沢正志斎の《新論》とともに水戸学を代表する著作である。…

【攘夷論】より

…さらに1853年(嘉永6)のペリー来航前後になると,彼我の力関係を無視した打払いを無謀として退ける意見だけでなく,時勢上鎖国は不可能だとする意見が出はじめ,弱肉強食の世界において列強に対抗するには海外膨張を実行する以外にないという,攘夷的開国論ともいうべき主張も展開される。 1858年(安政5)に日米通商条約が勅許を求めつつも無勅許で調印されると,下級武士を主要な担い手として尊王攘夷運動が起こる。下級武士が幕藩制の政治機構とは離れて,むしろそれに対立する独自の政治運動を始めた点で,この運動は画期的意味をもつが,ここでは攘夷の名のもとに西洋人や西洋人用の施設の襲撃,あるいは西洋船の打払いなどが盛んに行われる。…

【尊王論】より

…幕末に天皇親政論が出てくることは,これなしには考えられないであろう。 幕末における内外の危機に対応して登場する水戸学は,攘夷を創唱すると同時に尊王と結びつけ,その後の過程で重要な役割を演ずる尊王攘夷の観念を打ち出した。ここでは,儒教の名分論を基礎としつつ国学の理論をもとり入れ,一系の天皇が存続し忠の道徳が妥当してきた日本の国家体制(国体)の優秀性を強調しながら,尊王が以前にないほど強く説かれる。…

【水戸学】より

…幕末における内外の危機に対応して水戸藩士の一部によって展開され,尊王攘夷の観念を打ち出すことによってその後の歴史に大きな影響を及ぼした思想。18世紀末から活躍する藤田幽谷によって基礎がおかれ,弟子の会沢正志斎や子の藤田東湖らによって確立され,彼らの著作や活動,さらには彼らを重用した9代藩主徳川斉昭の声望を通して,藩外にまで影響を与えた。…

※「尊王攘夷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

尊王攘夷の関連情報