コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温め鳥 ヌクメドリ

デジタル大辞泉の解説

ぬくめ‐どり【温め鳥】

冬の寒い夜、鷹(たか)小鳥を捕らえてつかみ、足をあたためること。また、その小鳥。翌朝その小鳥を放し、その飛び去った方向へその日は行かないという。 冬》「遥かなる行方の冴や―/青々
親鳥がひなを羽の下に抱いてあたためること。また、そのひな。
「羽交(はがひ)の下の―、恩愛こそはあはれなれ」〈浄・百合若大臣〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬくめどり【温め鳥】

冬の寒い晩など、鷹たかが小鳥を捕らえてつかみ、自分の足を温めること。また、その小鳥。翌朝、鷹はその鳥を放し、その飛び去った方向へその日は行かないようにしてその恩に報いるという。 「鷹のとるこぶしのうちの-氷る爪根の情をぞ知る/後京極鷹三百首」
親鳥が自分の羽の下にひな鳥を入れて保護すること。 「羽交の下の-、恩愛こそは哀なれ/浄瑠璃・百合若大臣」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

温め鳥の関連キーワード羽交いの下

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android