コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恩愛 オンアイ

デジタル大辞泉の解説

おん‐あい【恩愛】

連声(れんじょう)で「おんい」とも》
恵み。慈しみ。「恩愛の情が深い」
夫婦・肉親間の愛情。また、それに対する執着。「恩愛のきずな」

おん‐ない〔‐アイ〕【恩愛】

おんあい」の連声(れんじょう)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おんあい【恩愛】

〔「おんない」とも〕
愛情のこもった思いやり。なさけ。
親子・夫婦など、肉親の間の情愛。また、その情愛に対する執着。 「 -の絆」

おんない【恩愛】

「おんあい(恩愛)」の連声。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の恩愛の言及

【火事息子】より

…落語。原話は《笑の友》(1801∥享和1)所収の〈恩愛〉。質屋の息子が火消し人足になって勘当された。…

※「恩愛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

恩愛の関連キーワード哀・愛・穢・隘・靄茶漬け飯・茶漬飯芦屋道満大内鑑伊賀越道中双六滝口入道時頼ちょろまかす源平合戦物古今著聞集胎内くぐり三界の首枷渋が抜けるサーディー小川 隆あたふたならでは火事息子長谷川伸手味噌喉・咽ばった

恩愛の関連情報