コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温海かぶ

デジタル大辞泉プラスの解説

温海かぶ

山形県鶴岡市温海地区の山間部で主に生産される丸カブ。成長して地上部に露出した根元部分は暗紫色となり、中は白色肉質は緻密で歯ごたえよく、漬物などに向く。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

温海かぶ[根菜・土物類]
あつみかぶ

東北地方、山形県の地域ブランド。
主に鶴岡市で生産されている。400年以上前から無肥料・無農薬の焼畑農法で栽培がおこなわれてきた温海かぶ。1785(天明5)年には、その漬物が10代将軍・徳川家治に献上された記録もある。白かぶに比べ、旨み成分であるグルタミン酸を2倍以上含み、ほどよい辛味があり、きめ細かく歯ざわりも良い。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

温海かぶの関連キーワード東北地方

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

温海かぶの関連情報