温海かぶ

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

温海かぶ[根菜・土物類]
あつみかぶ

東北地方、山形県の地域ブランド。
主に鶴岡市で生産されている。400年以上前から無肥料・無農薬の焼畑農法で栽培がおこなわれてきた温海かぶ。1785(天明5)年には、その漬物が10代将軍・徳川家治に献上された記録もある。白かぶに比べ、旨み成分であるグルタミン酸を2倍以上含み、ほどよい辛味があり、きめ細かく歯ざわりも良い。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

温海かぶの関連情報