コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴岡市 つるおか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶴岡〔市〕
つるおか

山形県西部,庄内平野の南部にある市。西は日本海に面し,南で新潟県に接する。東部から南部にかけては出羽山地朝日山地の丘陵地が連なり,赤川とその支流が市域を貫流する。 1924年市制。 1955年栄村,京田村,大泉村,湯田川村,黄金村,斎村,田川村,上郷村,豊浦村,加茂町,1963年大山町を編入。 2005年藤島町,羽黒町,櫛引町,朝日村,温海町の5町村と合体。中心市街地は赤川の流域にあり,鎌倉時代には大泉荘の地頭武藤氏が統治,大宝寺と称した。慶長8 (1603) 年最上義光が大宝寺城を鶴ヶ岡城と改称,地名も鶴ヶ岡となった。元和8 (1622) 年から幕末まで酒井氏の城下町として発展。かつては絹織物業が盛んであったが,電気機器工業が主要な工業となっている。北部を中心に米の単作が行なわれる。大山地区は銘酒の産地として知られ,江戸時代に栄えた船着場のあった加茂は漁港として機能している。出羽三山 (月山羽黒山湯殿山 ) を中心とした市域南東部は磐梯朝日国立公園に属する。海岸部一帯と金峰山の名勝地一帯は庄内海浜県立自然公園に属し,湯野浜温泉湯田川温泉温海温泉がある。出羽三山近辺には月山をはじめとして羽黒山の爺スギや南谷のカスミザクラなど国指定天然記念物が多く所在し,羽黒山のスギ並木は特別天然記念物。出羽三山神社の羽黒山五重塔は国宝に指定。旧藩校の致道館は国指定の史跡で,付近の致道博物館には酒井氏庭園 (国指定名勝) があり,銘信房作の太刀 (国宝) など多数の文化財が収蔵されている。黒川の春日神社には中世以来,農民が能を奉納しており,黒川能として国の重要無形民俗文化財に指定されている。ほかにも松ヶ岡開墾場,小国城跡 (以上国指定史跡) ,金峰山,玉川寺庭園 (以上国指定名勝) ,熊野神社の大スギ,文下 (ほうだし) のケヤキ,山五十川 (やまいらがわ) の玉スギ,早田 (わさだ) のオハツキイチョウ,三瀬気比神社社叢 (以上国指定天然記念物) など,国指定の文化財や記念物を多数抱える。 JR羽越本線,国道7号線,112号線,345号線が通り,山形自動車道のインターチェンジがある。面積 1311.53km2(境界未定)。人口 12万9652(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

つるおか‐し〔つるをか‐〕【鶴岡市】

鶴岡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

鶴岡市の関連キーワード山形県鶴岡市羽黒町馬渡ノ内下山形県鶴岡市羽黒町増川新田山形県鶴岡市羽黒町坂ノ下山形県鶴岡市羽黒町十文字山形県鶴岡市羽黒町野荒町山形県鶴岡市羽黒町小増川山形県鶴岡市羽黒町三ツ橋山形県鶴岡市羽黒町染興屋山形県鶴岡市羽黒町高寺山形県鶴岡市羽黒町戸野山形県鶴岡市羽黒町富沢山形県鶴岡市羽黒町仙道山形県鶴岡市山五十川甲山形県鶴岡市山五十川丙山形県鶴岡市山五十川丁山形県鶴岡市山五十川戊山形県鶴岡市山五十川己山形県鶴岡市羽黒町町屋山形県鶴岡市羽黒町松尾山形県鶴岡市山五十川乙

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鶴岡市の関連情報