温熱作業環境(読み)おんねつさぎょうかんきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

温熱作業環境
おんねつさぎょうかんきょう

作業環境の条件として温度と湿度の2つを考慮した場合をいう。環境の温度変化にもかかわらず,人間の体温は絶えず恒温を維持している。しかし,最も作業能率の高まる至適温度が存在する。たとえば,坐業では 20℃前後,知的作業では 15~18℃,激しい運動を伴う筋肉作業では 10~15℃が至適温度と考えられている。異常な高温下で作業した場合には,高温障害が生じることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android